Magoの旅と音楽と

旅と音楽について書いています。

おへんろ5日目 大日寺~徳島市街地

だらだらしていると、年が明けて、さらに半月が過ぎようとしています。

そろそろ次のおへんろに出たくなってきているので、ここで続きを記しておきたいと思います。

 

というわけで、2019年9月16日の記録です。

こんなブログですが、見てくださっている方からの励ましの声をいただきました。

ありがとうございます。

 

f:id:ty_mago:20200215165507j:plain

 大日寺さん横の名西旅館 花さんから、鮎喰川沿いに進みます。

 のどか!

f:id:ty_mago:20200215165601j:plain

 そこそこ大きな橋で鮎喰川を北へ渡ります。

 水がきれいです。

f:id:ty_mago:20200215165649j:plain

 おさんぽのようにだらだら歩いて、14番の浄楽寺さんへ到着。

f:id:ty_mago:20200215165848j:plain

 境内は、なんだか工事中のような感じですが、そうではありません。

 岩盤の露頭が境内なのです。

 ねこがいっぱいいます。

f:id:ty_mago:20200215170017j:plain

 またほんの少しお散歩気分で歩くと、次のお寺に。

 15番の国分寺さん。

 本堂その他が修理中でした。

 仮のお堂でお参り。

 これも今しかない、旅の想い出。

f:id:ty_mago:20200215170139j:plain

 このあたりから、いよいよ平野部です。

f:id:ty_mago:20200215170205j:plain

 のどかな風景の中を気持ちよく歩きます。

f:id:ty_mago:20200215170231j:plain

 そうこうしていると、またまた次のお寺に到着。

 16番の観音寺さん。

 ここらあたりは、お寺の間の距離が短いので、お参りが忙しくなります。

f:id:ty_mago:20200215170424j:plain

 ちょっと旧道、といった感じの街道を歩きます。

 いよいよ街なかに。

f:id:ty_mago:20200215170512j:plain

 ふらふらしながら歩いて、17番の井戸寺さんにつきました。

 あまりに天気が良くて暑いので、ちょっと疲れました。

 こちらの御朱印をいただくときに、ぼくが身に着けている輪袈裟をみて、お寺の方がお声かけくださいました。

 ぼくは、おへんろ参りの時に家の近所のお寺の銘が入った輪袈裟を着けているのですが、そのお寺のご子息と一緒に修行をされていたとのこと。

 どこでどうつながっているかわかりません。

 人の輪を感じました。

f:id:ty_mago:20200215171118j:plain

 井戸寺さんを出ると、ほどなく眉山が見えてきます。

f:id:ty_mago:20200215171151j:plain

 進むのは、高地蔵さんが見守る古い街道。

 地形に凹凸はありません。

 ほとんど影もありません。

 暑い。

f:id:ty_mago:20200215171255j:plain

 で、ここでちょっと遅めのお昼ご飯。

f:id:ty_mago:20200215171322j:plain

 とくに「徳島ラーメン」というわけではない、ラーメン。

 おいしかったです。

f:id:ty_mago:20200215171357j:plain

 大きな橋で、再び鮎喰川を渡ります。

 正面が眉山

 いよいよ徳島市の市街地に入ります。

f:id:ty_mago:20200215171447j:plain

 鮎喰川上流を眺めます。

 あの山から歩いてきたということになります。

 鮎喰川下流になり、川幅が広がっていますが、あいかわらずとても水がきれいです。

f:id:ty_mago:20200215171602j:plain

 いよいよまちなか。

f:id:ty_mago:20200215171623j:plain

 ちょっとだけ古い道。

f:id:ty_mago:20200215171646j:plain

 眉山前、阿波おどり会館につきました。

 今回はここまで。

 いったん、徳島駅からうちに帰ります。

 

 無事、歩けたことに感謝。

 

おへんろ4日目 焼山寺~大日寺

またまたうっかりしていると、もはや12月も後半に!

お寺の前に貼ってありました。

「うかうか一年」

身に沁みます。

続きを記録しておきます。

もちろん、暑かったころのお話。

 

f:id:ty_mago:20191214223000j:plain

焼山寺さんの宿坊前からの写真です。

すがすがしい朝。

 

f:id:ty_mago:20191214223046j:plain

焼山寺さんにもう一度お参りして、出発します。

朝早くから自転車の人がいっぱいでした。

どこからいらっしゃったのでしょう。

f:id:ty_mago:20191221110541j:plain

お寺を出たら深い谷を降りていきます。

 

f:id:ty_mago:20191221110620j:plain

荒れた石畳の道も続きます。

 

f:id:ty_mago:20191221110654j:plain

ほどなく杖杉庵に到着しました。

自動車が通れる道にも面しています。

お隣で梅干を売っていました。

 

f:id:ty_mago:20191221111243j:plain

車が通れる道から外れて、農道のような道を行きます。

牧歌的!

 

f:id:ty_mago:20191221111357j:plain

 車が通れる道に出て、焼崎というあたり。

 「おへんろ駅」という休憩スペースがありました。

 ランニングの方々がいっぱい!

 この暑いのに走るなんて、ぼくには無理です。

 いや、暑くなくても走れませんけど。

 

f:id:ty_mago:20191221111627j:plain

 ランニングの方々は右の車も通れる道へ。

 ぼくは古いおへんろ道ですから、ここで左に分かれている細い道へ。

 

f:id:ty_mago:20191221111733j:plain

 ところが、この道がなかなかに大変でした。

 玉ケ峠越えという道ですが、かなり荒れた急坂もあります。

 予想外に厳しい道。

 前日の焼山寺道の疲れも残っていて、えらい目を見ました。

 こちらの道を選ぶと1時間ほどは余計にかかる、とこの日の宿のご主人。

 

f:id:ty_mago:20191221112249j:plain

 峠には古い石仏などが並びます。

 ほっこり。

 

f:id:ty_mago:20191221112328j:plain

 峠を下る道路はこんな感じ。

 普通の集落の地方道といった様子です。

 車も通ります。

 でも、四国の山深さよ。

 

f:id:ty_mago:20191221112435j:plain

 はるか眼下に蛇行する鮎喰川と集落を望みながら歩きます。

 あそこに降りていくのかな、と思うと、なかなかおへんろ道は降りません。

 峠から、おへんろ道が鮎喰川と交わるところまでは約5km。

 標高差は約400mあります。

 

f:id:ty_mago:20191221112758j:plain

 鮎喰川とおへんろ道が寄り添うところ、阿川の集落では有名な人形たちがお出迎え。

 

f:id:ty_mago:20191221112933j:plain

 ホラー・・・

 

f:id:ty_mago:20191221112954j:plain

 すごくリアルだったり。

 思わずあいさつしかけました。

 

f:id:ty_mago:20191221113050j:plain

 現代の車道がΩを描いて鮎喰川に沿うのに対し、おへんろ道は褶曲の断層でできたと思われる山襞を一つ越えます。

 当時は鮎喰川は寄り添うのも困難な暴れ川で、両翼の谷の山肌は道を付けられるような状態ではなかったのでしょう。

 おへんろ道は、沈下橋鮎喰川を渡ります。

 

f:id:ty_mago:20191221113507j:plain

 長瀬の集落。

 川で泳ぐ家族が数組。

 木陰でお昼ご飯を頂きました。

 お店も何もありませんが、焼山寺さんの宿坊のかたがおにぎりを作ってくださいましたので、これをいただきました。

 

f:id:ty_mago:20191221114323j:plain

 ここから先のおへんろ道はずっとこんな感じ。

 鮎喰川に沿った車も走る道です。

 とんでもなく暑いのですが、まったく日影がありません。

 日差しに体力を奪われます。

 

f:id:ty_mago:20191221114456j:plain

 鮎喰川はまさに清流です。

 ところどころ水泳場が開設されおり、泳ぐ人たちがいっぱい。

 海水浴ではない、水泳場は、琵琶湖以外はぼくの近所ではなかなか見かけません。

 

f:id:ty_mago:20191221114649j:plain

 だらだら続く日陰のない道。

 なかなかつらいものがあります。

 

f:id:ty_mago:20191221114734j:plain

 ゴール間際、日和田というところにこの日1軒目のコンビニ、セブンイレブンがありました。

 お店の裏の沈下橋を眺めながらガリガリ君ソーダを食べました。

 たまりません。

 

f:id:ty_mago:20191221114954j:plain

 境内を道路が通ってしまったのでしょう。

  道路際に突如現れる大日寺さん。

 

 急な下り坂~予期せぬ厳しい峠~だらだら続く日陰のない道。

 この日も思わぬハードなことになりました。

 

 この日の宿はお寺のすぐそばの「名西旅館 花」さん。

 当然マスターがおへんろ道に詳しく、いろいろ教えてくださいます。

 

 つづく。

 

 

おへんろ3日目 藤井寺~焼山寺

またまたうっかりしていると、10日も過ぎて、もはや11月に!

続きを記録しておきます。

 

焼山寺道は、累積標高差が1100m。

でも、距離は12km少ししかありません。

急坂なんですね。

 

f:id:ty_mago:20191102102133j:plain

歩き始めるといきなり「へんろころがし 1/6」という標識がありました。

特につらいところにたてられているようです。

つまり、特につらいところは6か所。

 

急峻な山道を上がるので、すぐに標高が稼げます。

f:id:ty_mago:20191102102320j:plain

吉野川が眼下に望めるようになりました。

中央構造線を挟んで、讃岐山脈の南面を見ます。

日本地図規模の地形がよくわかります。

正面の山腹に見えているのは、前回訪れた切幡寺の大塔です。

f:id:ty_mago:20191102102716j:plain

9月14日は、とにかく暑く、晴天でした。

のどがとても乾きます。

f:id:ty_mago:20191102102817j:plain

いかにも古道といった石畳。

どうやってこれを作ったのでしょう。

草鞋には優しかったかもしれない道も、トレッキングシューズですら現代の靴では滑ります。

f:id:ty_mago:20191102102953j:plain

道中の庵の一つ、長戸庵。

ちょっと長めの休憩です。

f:id:ty_mago:20191102103229j:plain

さらに高度が稼げて。こんな風景に出会えました。

まだ吉野川の流域です。

f:id:ty_mago:20191102103349j:plain

時折、町石を兼ねたお地蔵さまなど、様々な道案内が。

f:id:ty_mago:20191102103452j:plain

「へんろころがし 2/6」で、峠越え。

f:id:ty_mago:20191102103611p:plain

たとえば、こんな地形だと、普通の道は青い線をたどりますよね。

でも、焼山寺道は、たびたび山襞を超えるのに赤い線のような経路をたどります。

修行、なんですね。

f:id:ty_mago:20191102103544j:plain

石畳の道を下って。

f:id:ty_mago:20191102103844j:plain

次の庵が見えてきました。

f:id:ty_mago:20191102103908j:plain

柳水庵です。

ここでお昼にしました。

蝉時雨と、蚊の猛攻。

生水でしょうが、水が手に入ります。

お腹が弱いぼくは飲まずに済ませたいところですが、念のため空いたペットボトルに詰めさせてもらいました。

f:id:ty_mago:20191102104311j:plain

峠を越えて、鮎喰川の流域に入ったようです。

すっかり四国山地の様相。

f:id:ty_mago:20191102104411j:plain

かなり荒れた道の「へんろころがし 4/6」。

f:id:ty_mago:20191102104514j:plain

ふうふういいながら上がった先に、突如現れる、立派な石段。

上には弘法大師

どうやってこんな場所にこれほどの石段を・・・

一本杉、浄蓮庵です。

f:id:ty_mago:20191102104815j:plain

せっかく上ってきたのですが、結構急な下り坂を下って、左右内の集落へ。

その向こうの山をまた上ることになります。

ここからがきつかった!

f:id:ty_mago:20191102104937j:plain

「へんろころがし 6/6」。

さいごの「へんろころがし」です。

f:id:ty_mago:20191102105100j:plain

広くなった道を歩いていると、石垣が見えてきました。

焼山寺さんの参道です。

駐車場があるようです。

f:id:ty_mago:20191102105228j:plain

この参道が結構長く、歩いてきた体にはこたえます。

もう急ぐことなくゆっくり歩くので、車での参拝者の方にどんどん抜かされます。

参道から見えるのは、はるかに徳島港

f:id:ty_mago:20191102105517j:plain

すっきりとした境内の焼山寺さんに到着!

 

この日は、道中、3人お見かけしただけで、ほとんどお遍路さんに出会いませんでした。

最高気温は32度。

歩くにはまだ早かったようです。

のどの渇きとの戦いになりました。

 

この日の宿は、焼山寺さんの宿坊。

大規模な宿坊でしたが、貸し切り状態。

いつもなら怖いのかもしれませんが、よく体を動かした後だったので、ゆっくり眠れました。

 

つづく

 

おへんろ3日目 鴨島駅~藤井寺

 気が付くと、もう10月も半ば過ぎ。

 早いものです。

 

 時代は平成から令和に。

 このブログも気が付くと、Yahooからhatenaに。 

 前回のおへんろから1年近くに。

 で、2行程目のおへんろに行ってから、1月が経ってしまいました。

 

 行ったのは、2019年9月14日。

 朝8:30に、JR鴨島駅に降り立ちました。

f:id:ty_mago:20191020110115j:plain

鴨島駅

 天気は快晴。

 まだまだ暑い9月お彼岸前でした。

 

f:id:ty_mago:20191020110231j:plain

 昨年は、真っ暗だった農道をぶらぶらと歩きます。

f:id:ty_mago:20191020110316j:plain

 たまに道路を横切っている水路の水がきれいなこと。

f:id:ty_mago:20191020110356j:plain

鴨島町飯尾

 前回の終了ポイントまで来ました。

 なんだか感慨深い。

f:id:ty_mago:20191020110528j:plain

 なんだかよその家の庭先のようなところを通って、藤井寺につきました。

 コンビニによって食料や飲料を調達したり。

 ここまで約1時間。

f:id:ty_mago:20191020110657j:plain

 まずは久々のお参りを済ませます。

 そして準備運動などを念入りに。

 通常、お寺は山門から入って、山門から退出しますが、ここは違います。

 ここから先、焼山寺までは名高い「へんろころがし」の行程。

f:id:ty_mago:20191020110850j:plain

 お寺の奥から「焼山寺道」が始まります。

 「へんろころがし」とは、おへんろさんが転げるほどに急な坂が続く行程。

 焼山寺道は、全行程中でも最初の難関といわれているそうです。

 どうなりますやら。

 蝉時雨に涼風がわたる境内をあとにしました。

 

 つづく。

 

パソコンを買いました

 パソコンを買いました!

 先日、突然パソコンが壊れたのです。
 充電できなくなって、電源を指していても消費量が供給量を上回るということに。

 今から振り返ること、約2年半前。
 買った時の記事はこちら
 買った値段は5万円ほどで、修理は2万円スタートだそうです。
 というわけで、買い替えることに。

 新しく買ったのは、こちら。
イメージ 1
 LenovoのYoga Book with Windows
 43,000円ほどでした。

イメージ 2

 こんな感じ。
 キーボードが先進的な感じ?
 全面タッチパッドです。

 スペックは、前の機種とほぼ変わらず。
 でもストレージは128GBから64GBへと半減。
 仕方がないので、SDを突っ込みました。

 今回、タブレットは、壊れてしまうとどうにもならないことがよくわかりました。
 これまでは、USBメモリで引っ越すとか、壊れてしまったらHDDを取り出すとかしてたのですが・・・。
 まったく手も足も出ませんでした。
 用心、用心。

おへんろ2日目 切幡寺~鴨島町飯尾

 この日の予定の札所は、この十番の切幡寺で終わりです。
 あとは十一番札所の前までの予定です。

イメージ 1

 行きはぜいぜい。
 帰りは膝が笑います。

イメージ 2

 今度は街道を横切り、ほぼ垂直に吉野川に向かう道のりとなります。
 扇状地に農地が広がります。

イメージ 3

 沿道にベンチと休むおへんろさん
 怖いよ!

イメージ 4

 ここで休んでもいいよ、というお接待なのでしょう。
 夜なら叫んでしまいそうです。

イメージ 5

 振り返ると、先ほど訪れた大塔が見えます。

イメージ 6

 真新しいおへんろ小屋がありました。
 ここもシュラフがあれば泊まれそうです。
 冬は寒いでしょうけど。

イメージ 7

 いよいよ吉野川にあたりました。
 夕暮れを迎えています。

イメージ 8

 潜水橋をわたります。
 向こう側は無人の中洲、善入寺島です。

イメージ 9

 島の北側の狭いほうの流れ。

イメージ 10

 島には広大な農地が広がっています。
 昔から、洪水と引き換えに、肥沃な土地なのでしょう。
 凹凸のない土地に、延々と先まで見通せる道が続きます。
 景色も変わらないので、歩くのはつらい。

イメージ 11

 島の南側、広いほうの流れです。
 大河の規模が身に沁みます。

イメージ 12

 すっかり日が暮れてきました。

イメージ 13

 すっかり暗くなった中をとぼとぼと歩き、十一番札所藤井寺の前まで来ました。
 今回はここまで。
 さらにJR鴨島駅まで歩いて、本日のおさんぽは終了。

イメージ 14

 たっぷり歩いて、満足です。
 なんだかんだで歩いた距離、1日目は約25km(35,823歩).。
 2日目は約35km(49,096歩)でした。
 ふぅ。
 次回はいつになりますやら。

おへんろ2日目 法輪寺~切幡寺

 ようやく、本来のおへんろ道に戻りました。
 保存協会の「矢印シール」、いたるところに貼ってありますが、道をはずれると全く見当たらなくなります。
 しばらく見当たらなくなったら、道を疑ったほうがよさそうです。
 でも、一度はずれてしまったら、リカバーするルートはつかめなくなります。
 山の中などで本当にはずれてしまった時には、思い切って戻るという選択肢も必要かもしれません。

イメージ 1

 昔ながらの道標にも導かれて秋の昼下がりを進みます。

イメージ 2

 街道筋はいい雰囲気です。

イメージ 3

 しばらく歩くと、十番札所の切幡寺さんの参道に着きました。
 ここで街道筋から垂直にはずれます。

イメージ 4

 上り坂の沿道にお土産物屋さんやお宿が立ち並ぶ門前町
 往時の賑わいを想像させます。

イメージ 5

 でも、門前町を過ぎてもまだお寺はありませんでした。
 高度を上げて、高速道路の下をくぐります。
 いよいよ山がちに。

イメージ 6

 ようやく山門に到着。
 やれやれ。

イメージ 7

 山門の脇には、宝篋印塔。

イメージ 8

 あれ?
 山門からまだ山道が続きます。

イメージ 9

 その先に、「是より三三三段」の石碑。
 むむぅ・・・。

イメージ 10

 あと234段。
 結構急な石段です。

イメージ 11

 ようやく到着。
 かなり汗をかきました。
 境内は気持ちのいい空気ですが、汗びっしょりのぼくは蚊にたかられます。

イメージ 12

 本堂から見上げると、さらに上に大塔がありました。
 大阪の住吉大社からの移築なのだとか。

イメージ 13

 そこからの眺めが最高です。
 吉野川流域が文字通り一望できます。
 さっき下をくぐった高速道路も眼下に横たわっています。

イメージ 14

 はるかに四国山地も望みます。
 満足。